2017年01月31日

お市の方の着物復元 永治屋清左衛門(京都市下京区)

お市の方の着物を復元したものが京都にあるようです。

NHKの歴史秘話ヒストリアでやっていました。

京都市下京区にある永治屋清左衛門。

「立涌(たてわく)に丸に菊花模様小袖」で、当時の素材や技法を元に、専門家チームが完全復元したものだそう。

もともと小袖というのは広袖の下に着用する下着だったみたいです。

それを下着から最先端のファッションに生まれ変わらせたのが織田信長。

彼は下着扱いだった小袖を堂々と表に着てみたり、片身替わりという、右半身と左半身が色違いの派手な小袖を着用したりしていたのだそうです。


「立涌(たてわく)に丸に菊花模様小袖」の画像、アップしてくださっている方がいらっしゃいます。

🎤お市の方の小袖 ( その他祝日、記念日、年中行事 ) - 旦さまと私 - Yahoo!ブログ

当時の小袖は、現在の価値にして8千万円〜1億円!?

∠( ゚д゚)/ 「え」

華美にあつらえた小袖が、ということかな。

上記の方のブログによると、大名家の女性が着用するものだったみたいですね。





posted by 戦国武将好き at 19:53| 浅井長政 お市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。